収納場所はどうやって決める?


収納場所の決め方 ハサミの収納場所

先日クライアント様から、

「ハサミが頻繁になくなるから、10本入りを買おうかと思っている」という話を聞きました。

 

あなたはこのような経験がありませんか?

 

収納していた(置いていた)物がなくなる

=定位置に戻されない


という状況は、片づく仕組みができていないご家庭や職場の

お悩みとしてよく聞きます。

 

見つからない⇒買う の流れは、そのときはいいですが、

物が増える要因です。


物が増えるとどんなことが起こるのか?というと、

 

使いたい物を見つけるのに、ますます時間と労力がかかってしまいます。

そして、本当は不要な物を買うためのお金も時間もかかりますよね。


つまり、一時的な解決にはなりますが、長い目で見ると

ご自分やご家族を苦しめる状況を作っているということです。

 

では、根本的な解決をするにはどうしたらいいのか。

 

それは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

物を使う場所(エリア)、またはできるだけ近くに収納する 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ことがポイントです。

 

リビングで使う物はリビング内に。
キッチンで使う物はキッチンに。
洗面所で使う物は洗面所に。

 

 

物を使う場所に収納するということは、

物を離れた場所まで移動させる必要がないということです。


物を遠くまで移動させてしまうと、元の場所に戻すのが面倒に感じませんか?
その結果、使った場所に置きっぱなしにしてしまい、元の場所に戻されなくなります。

これが、“物がなくなる”サイクルです。

 

 

ちなみに、我が家のハサミは全部で5本あります。


キッチンに1本、リビングに2本(うち1本はシュレッダーハサミ)、

洗面所に1本、和室に1本(布用ハサミ)。

布用ハサミ1本を除き、使用する場所に収納しています。
(布用ハサミの収納場所の考え方は別の機会に紹介します)

 

 

どれも収納場所のすぐ近くで使い、すぐに戻します。

ですので、使いたいときにすぐに取り出すことができます。

 

自宅内、もしくは職場内で“物がなくなる”経験をされている方は、

ご自分や家族がどこで使用しているか?を観察してみてくださいね!

 

 

≪ 整理収納コラムtopへ