即実践できる!郵便物が散らからないコツ


鈴木やすこです。

 

おうちの書類整理が苦手・・・

という方は多いのではないでしょうか?

 

ポストに届いた郵便物、

子どもが園や学校から持って帰ってきたプリントなど

家の中にはいろんな書類がありますよね。

 

「後で見よう」とその辺に置いておくと

なくなったり、散らかって掃除がしにくかったり(^^;)

 

今日は、郵便物が散らからないコツをお伝えしますね。 

郵便物が散らからない一番のコツは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すぐに開封して中身を確認すること!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ダイニングテーブルや棚などにポンと置く前に

その場で確認するのが最も確実な方法です(*^^*)

 

私も経験がありますが、置いてしまうと

・後でまとめて確認しよう

・確認に時間がかかる・・・

・何となく面倒

と思ってしまいがち(^^;)

 

そうなると、どんどんたまってしまいますよね。

 

 

整理収納サポートに伺うと、封を切らずに置いてある郵便物に

出会うことも多いです。

 

中身の確認を先延ばしにしたまま、時間が過ぎてしまうんですね。

これを確実に解決するのが【置く前に開封する】こと。

 

リビング、ダイニング、キッチンでもOKですが

一番のオススメは玄関で開封することです(^^)/

 

玄関収納に

● ハサミ

● ゴミ箱

● 個人情報保護のためのアイテム(ハンコやハサミなど)

をまとめて置いておくと、玄関での開封がスムーズにできますね。

 

そして、不要な郵便物はその場で処分!

 

部屋の中に持ち込まなければ、散らかりにくくなります。

 

必要な郵便物であれば、封筒をその場で処分。

中身だけ部屋に持ち込みましょう(^^)/

 

 

その場で確認してしまえば、1分もかからずに確認できますよ♪

中身を一度確認したあと、封筒に戻した状態で

保管している方も多いです。

 

処分するかどうかを一旦保留にしたいときも

封筒はその場で処分してしまいましょう!

 

中身を封筒に戻してしまうと

中身が見づらくなってしまいますよね(^^;)

 

しっかり確認しようと思ったら

封筒から中身を出す手間もかかります。

 

中身を取っておくにしても、捨てるにしても

封筒は処分してOK!

 

中身だけをクリアファイルや個別フォルダなどに入れて保管すれば

後で確認するときも楽ちんです♪

書類保管のノウハウに頼る前に

未来の自分や家族に必要な書類なのかどうかを判断して

掃除をしやすい=家事の時短をできる部屋を目指しましょう!