【物を増やさないコツ】*片割れが使えなくなったら?


物を増やさないコツ 片割れが使えない イヤリング

セミナーや整理収納サポートでよく聞くお悩み。

「物が増える」 「物が多くて片づかない」

 

解決するには

①現状より物を増やさないよう対策をすること

それができたら

②物を減らすこと の2段階が必要です。

 

今日は物を増やさない対策を2つの例で紹介します(^^)/

物が増えない工夫 片割れが使えない ソーサー

1つ目の例は《カップ―&ソーサー》

 

来客用に何組か揃えている方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

普段使いのカップよりも特別感がありますよね♪

 

実は、このカップ&ソーサーがなかなかの強敵(笑)

たとえば、カップかソーサーが割れたり欠けたりしたら

処分しますか?

 

それとも「自分用でまだ使えるから」と残しますか?

カップとソーサー

自分用で残した場合でも、

おそらく来客用に新しいものを買いますよね?

 

すると…カップかソーサーのどちらかだけ残す場合でも

1アイテムの増となります。

両方を残す場合は、2アイテム増ですね。

 

こんな感じで、処分せずに新しい物が家の中に入ってくると物が増えていきます。

もう一つの例は《イヤリング(ピアス)

 

「いつの間にか片方がなくなってる!!」

という経験、ありませんか?

 

わたしは何度もあります(^^;)

 

片方だけ残っているイヤリングやピアスは処分しますか?それとも残していますか?

 

もし残しているなら、その後使っていますか?

2つの例で共通しているのは

\ まだ(どうにか)使える状態のものを残すか、処分するか? /

ということです。

 

物が多いと悩む方に話を聞いてみると、

片割れだけになったものを残している場合が多いです。

 

そこで考えてみてほしいのは、使えるかどうか よりも 使うかどうか です。

 

たとえば、カップが割れてソーサーを残した場合、ソーサー単独で使うでしょうか?(^^;)

 

お菓子をのせるのに使えると思っても、

実際にのせてみるとイマイチ、、、と感じたことはありませんか?

(真ん中がくぼんでいますよね)

 

片方だけになったイヤリングを別なものと

合わせて使おうと思っても、意外と難しいですよね?

もしも「思い出」として残したいなら、専用の箱を準備して

収まるくらいだけ持つようにしましょう!

 

「使えるから」と残す場合は、「実際に使うかどうか」を

意識してみてください。

 

使わずに持っているだけでは、ただ物が増えるだけです。

 

もし思い当たる物がある方は、ぜひこの機会にどうするかを判断してくださいね(^^)/