いただき物をため込んでしまう方へ*空間×思考の両面で仕組みづくり♪


日々暮らしていると、物をいただく機会がありますよね^^


受講生さんからもよく

「いただき物をためてしまって気づくと賞味期限が切れている」悩みを聞きます。


同じ悩みを持つ方に向けて、簡単な管理術をシェアしますね♪

1 空間の仕組み作り*収納場所を見える化!

 

ため込む原因の一つは、見えない場所にしまいこむこと!

しまいこんで時間がたつと、存在そのものを忘れませんか?(^^;)


これを解決するには、いただき物を収納する場所を作る こと!


いただき物を見える化 します(^^)/

 

いただき物専用の場所を作っておくと、しまいこまずに使えますね♪

我が家もキッチン収納のカゴで管理しています(^^)/

2 思考の仕組み作り*優先して使うを意識!


いただき物って、普段使わない物のことが多いですよね?


だから、使うのを無意識的に後回しにしてしまうんです。


ということは、
優先して使うことを意識する のが大事!


食べ物なら、
・当日に開封する
・翌日の一品にする とか。

 

 

連休中に写真左の大豆製品をいただきました(^^)/

さっそく今日いただく予定♪

 

右のドレッシングは、3本セットの最後の1本。

2ヶ月ほど前?にいただいた物で、当日にさっそく開封!


ドレッシングを使うことが少ないですが、美味しくいただいています(^^)/


すぐに使う!を意識すると、献立の一品になることもあって大助かり♡

3 裏技*使いきれないときはお裾分け!


 これは裏技的なものですが、

・どうしても使いきれない

・自分や家族が食べられない

ということもありますよね?


そんなときは、お裾分けするのもOK!

 

我が家はお酒を飲まないので
お酒をいただいたときは誰かにお裾分け。

 

「いただき物を誰かに渡すのは相手に失礼じゃありませんか??」

と聞かれることもありますが、


賞味期限切れで捨てるほうが失礼ではないでしょうか(^^;)

 

そうは言っても抵抗がある・・・という方は、親戚や親しい友人など

比較的渡しやすい人に聞いてみるといいですね♪


押し付けるのではなく、渡す相手が必要な分だけ渡すことがポイントです。


 

物を循環させると空気の流れができて、気持ちよく過ごせる空間になります。

 

賞味期限切れにしてしまった罪悪感やストレスもなくなります♪


奥にしまいこんだいただき物がある方は、

さっそく今日の夕食の一品にしてみてはいかがでしょうか?(^^)/

 


自分では買わないような可愛いティーバッグ♪

週末、ゆったりといただきたいと思います(^^)/