· 

セミナーで好評だった!我が家の文房具収納


セミナーでは

 

物を定位置で管理する

 

ことを重点的にお話し。

 

 

定位置で管理するのがなぜ大事なのか?というと・・・

その都度、探す必要がないから です。

 

逆に定位置が決まっていないということは、戻す場所も決まっていないということ。

 

もともとあった場所に戻す人もいれば、別な場所に置く人もいるかもしれません。

 

そのときの状況で置く場所が違う人もいるかも?

 

そうすると、次に使う人(とき)に「どこに置いたっけ?」、「どこにあるんだろう??」と

探し回ることになります(^^;)

 

 

探す時間・エネルギーがもったいないんですよね。

モノ探しでイライラしたり、不安になることもあるかもしれません。

 

 

つまり、物を決まった位置で管理すると

 

探し物がなくなる

使いたいときにすぐに使える

時間・エネルギーを有効活用できる

  

ということなんです(^^)/

文房具 収納

★ラベル効果!誰でも元の位置に戻せる!

 

我が家の文房具収納がこちら!

 

ザックリ収納ですが、

・自分たちにとって使いやすく

・状態をキープできる仕組み  になっています。

 

 

1番のポイントは、何と言ってもラベリング!

文房具 収納 ラベル ラベリング

文房具が入っていない状態がこれ。

 

アイテムを置く場所にラベルを貼っています。

 

手前のスペースのラベルの向きが縦横混じっているのは、

置くときのアイテムの向きを表しています。

 

文房具収納 のり ホッチキス ドットライナー

収納した状態がこれ。

 

・個人情報保護用のり・消えいろPit ⇒ 縦

・ホッチキスとドットライナー ⇒ 横

 

になっていますよね(^^)/

 

 

アイテムを取り出すと、ラベルが出てきます。

 

こうしておくと、使い終わって片づけるときにも楽ちん。

誰でも同じように戻せる!のがいいところです(^^)/

 

文房具整理 トレー ラベリング ラベル

★ラベルは底に貼る?側面に貼る?

 

我が家の場合は、どちらに貼ったほうが見やすいか?で決めています。

 

ケースの手前側は底、奥側は側面に付けている場合がほとんど。

 

奥側は1つの仕切りのスペースが小さめなので、底に貼るとラベルが見えなくなってしまうんです。

 

ペン類の仕切りには

・三色ボールペン

・えんぴつ

・蛍光ペン

・サインペン とラベルを付けています。

 

 

ペンを一度に全部使うことは少ないので、常にどれかは残っている状態。

なので、側面に貼ったほうが目につきます。

 

奥側の仕切りも同じ考え方です。

 

 

我が家はペン立てがないので、

この文房具収納を使う頻度が高いです。

 

 

使用頻度が高いものほど

 

使いやすい状態をキープできる仕組み

 

ができているとストレスなく使えますよ♪

 

参考になれば嬉しいです。