· 

台風への備え&気を付けること!*【震災経験者&整理収納アドバイザーの視点】


台風 災害 ハザードマップ

くれぐれも無理せず、安全第一で行動しましょう。

状況によっては、避難も必要かもしれません。 


いざというときにゆとりを持って避難するために、

避難所と、そこまでのルートを家族で確認 しておきましょう!


自治体から配布されるハザードマップや、自治体のHPで確認できます。
(自治体により確認方法は異なります)

★食材や日用品のストックで気を付けること!

災害 持ち出し 食材 食料品 ストック

食材や日用品のストックは
1 今ある食材・日用品の量をチェック
2 足りない物は早めに購入
しておきましょう。

 

”念のため”は大事ですが、買いすぎには気を付けて。

 

台風の場合は、住宅やライフラインに被害がなければ1日、2日で過ぎていきます。

まずは冷蔵庫や冷凍庫の中身を使うことを考えましょう!

 

それでも足りない場合は缶詰や常温保存の食品。
この機会に、賞味期限、消費期限が迫ってきた食品を消費するのもオススメです^^

 

それでも足りない場合に買うのをお勧めします。
今回のようなタイミングで大量に買った食材が、片づけで奥深くから発掘されることもあるんです(>_<)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どのくらいの期間で
どのくらいの物が必要なのか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

普段の生活から考えて、本当に必要な物だけを買うことを心がけましょう。

 


食材や日用品をすでに準備している場合は、
何をどこに収納しているかを改めて家族で確認しておきましょう!

 

停電すると、慣れた家の中でも不安になることがあります。

 

ストック食材や日用品の収納場所をみんなが把握していれば、
いざというときにも安心ですね^^

★事前の準備が大事!!

台風の場合は、事前に情報を得ることができますよね。
つまり、事前に準備できるということです。

 

電気や水道、ガスが使えるうちに調理をしておけば、
食材のストックも最小限で済みます。

 

 

おにぎりを作っておいて、おにぎりパーティーなどをするのも
いいかもしれませんね!

インスタントパーティーとか(^^;)

 


考え方を少し変えれば、ムリなく普段に近い生活をすることも
できると思います。


安全に、なるべく快適に過ごすために、どんな準備が必要か
考えてみてくださいね^^

 


★関連記事
【非常持ち出し袋】*震災経験者は何を入れてる!?