· 

福袋を買わなくなった3つの理由


お正月といえば初売り!福袋!で

子どもの頃はチラシをじっくり見ていたわたし。

片づけを学んでから、福袋を買わなくなりました。

その3つの理由を紹介しますね^^

★本当に欲しいものが入っている?

一番大きな理由がこれ。

片づけを学んでから、自分が「今欲しいもの」が以前よりもはっきりしました。

 

実は今回の年末年始に、お気に入りのイヤリングの片側をなくしてしまったんです。

イヤリングを買ったお店で同じものを探しましたが、あったのは色違いのグレーだけ。

わたしが持っていたのは白と淡いピンクの間の色。

 

以前だったら、「グレーでもいいや」と妥協して買っていました。

 

が、お気に入りの妥協をできなくなったわたし(笑)

 

「絶対にこれ!」という本当に欲しいものへのこだわりがあるんです。

本当に欲しいものが見つかったときだけ、買う。

 

なので、本当に欲しいものが入っているかどうかわからない福袋は買わなくなりました。

★使わない物がタンスのこやしに…

以前、洋服の福袋買ったときのこと。

サイズが合わなかったり、写真と実物ではイメージが違ったりして、着ない服が何着もありました。

未使用の服を捨てることにも抵抗があり、結果的にタンスのこやしに。

 

中身がわかっている福袋でも、自分や好みにピッタリ!ではないこともあるんですよね。

★ワクワク感を別なことに使いたい

福袋の価値は、中身と開けるまでのワクワク感ではないでしょうか?

開ける瞬間の高揚感はよくわかります^^

 

ですが、好みの物が入っていないと落胆することもわかっています。

それならば、そのワクワク感と時間とお金を別なことに使いたいなと思います。

 

自分や大切な人をワクワクさせる経験だったり、大切な人へのプレゼントだったり。

 

これまで、そして今年福袋で失敗した…という方は、福袋にかける時間とお金の使い方をちょっと考えてみませんか?